不知的收集
關於部落格
什麼最好....................
把我心愛的她(他)
躺在床上,身穿薄衣,身上半濕半乾(有種透明感),頭髮微濕,用著眼神對著我說,來吧
  • 18912

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

【初音ミク】 傾城妓唄 【オリジナル】

【A】
「今はもう昔の…」と 御定まりの口上で奏(うた)う
傾城(けいせい)が華と呼ばれし妓(ひと)の唄 艶(あで)に三味ひとつ

“我以前...”強制性地演奏(歌曲)
名妓被稱為藝妓仍留下中國(人)歌光澤(在阿),其中一個三味



「あれ見やれ」と太夫の道中誰ぞの声がすりゃ
黒山は傾城が簪(かんざし)の揺れるを聞くが為

【B】
今宵
一切り千両  高嶺の華なるに
見合う夢なれば  もっと近う寄りや
誰と思(おぼ)しかや  衣(きぬ)やるゆえ
人形(やや)と遊ばれませ

【サビ】
絢爛なる街で傾城はたおやかに笑う
そは誰(た)が為何が為 阿弥陀さんさえ知る由(よし)もなし


【A】
流言(りゅうげん)囁かる 傾城小指交わせし男(ひと)ありと
身請けに首振らずは 其(そ)が約束(まぼろし)を追う為という

【B】
幾夜
夢に花売れど 汝を手折(たお)らせや
忘れ路の君よ 早(はよ)う後宮入(ちこうよ)りや
欲しと思(おぼ)すなら 領地(くに)やるゆえ
小指(あかし)くだしゃりませ

【サビ】
傾城の幸せをいったい誰ぞが決める?
現実(まこと)か約束(まぼろし)か 阿弥陀さんさえ知る由もなし

笑みの裏に隠す傾城が素顔誰ぞ知るや
絢爛なる街で華唄うは今や三味ひとつ
相簿設定
標籤設定
相簿狀態